これを守れば大丈夫?両家の顔合わせで気をつけたい3点とは

金銭面を含む双方の考え方を確認しておく

結婚式を挙げる上で避けることのできないポイントの一つが式に掛かる費用の分担です。結婚式に掛かる費用は両家で分担して支払うのが一般的ですが、お金に関する認識と言うのは人によってそれぞれ違います。実際に自分の中で適切と思っていた支払額が相手にとっては不満に感じたというケースも少なくありません。式の内容に関しても同様で、花嫁の着るweddingドレスや出席者の服装など細かい部分も意外に双方の認識の違いでトラブルになってしまうこともあるので注意が必要です。
お金の話をするのは誰でも心苦しいと感じてしまうものですが、これは重要な問題なので仕方ありません。トラブルを回避するためにも顔合わせの時にしっかりと話し合っておくことが大切になります。

話をスムーズに進めるための事前の準備と羽目を外さない心構え

結婚式の内容と共に重要となるのが式の日取りです。結婚する当人はもちろんのこと、出席する人達の都合を考慮して日取りを決めなくてはいけません。特に両家の親が遠方から出席する場合は、結婚式後の披露宴のお店選びにも配慮が必要です。両家の顔合わせはお互いの紹介はもちろんのこと、こういった式の段取りを話し合う機会でもあります。事前の準備を怠って当日になって意見が合わずに話が進まなければ顔合わせの意味がなくなってしまうので、事前に複数の候補を用意しておくなど万全の状態にしておくことが大切です。 最後に当日羽目を外し過ぎないようにすることも忘れてはいけません。両家の顔合わせはそこにいる全ての人が緊張する物で、中には緊張をほぐすためにお酒を飲みすぎて失敗をするという事例も少なからずあります。結婚してからも付き合いがある以上、悪い印象を与えないようにしっかりと自制して適度な緊張感を持つことが重要です。