えっ!!ビックリ!結婚式当日に起こる信じられないハプニング

新郎または新婦が行方不明に!

結婚式当日のハプニングとして意外に耳にすることが多いケースとして、「新郎または新婦の姿が見えない」事件があります。
これが単純に寝坊していたり遅刻しているものであればまだ微笑ましいのですが、例えば「結婚したくなくなってボイコット」「浮気相手と逃亡」「飲み過ぎて熟睡」なんて話もあるようです。もっと最悪なケースとしては新郎新婦どちらも会場に姿を見せず、両家の親族がパニック状態になってしまった、などの珍しいケースもあります。
このようなケースの場合は結婚式が中止になったり食事会に変更されるケースもあるようで、ゲストだけではなく親族たちも振り回されるので出来る限り回避しておきたいハプニングのひとつだとされています。

お酒の力で起きるハプニング

結婚式会場ではお酒の提供が行われているのですが、これが予期せぬハプニングを招いてしまうケースは非常に多いです。
例えば新郎もしくは新婦が友人たちに勧められたり緊張のあまり飲みすぎてしまい、酔っ払ってとんでもない行動をとってしまうケースがあります。とんでもない行動としては暴言や暴力、セクハラや嘔吐など周囲から顰蹙を買ってしまうものばかりなので、新郎新婦は出来る限りお酒を控えた方がいいようです。
そしてそれは新郎新婦だけではなく親族やゲストも同様で、どちらの親族やゲストなのかで相手の親族からの顰蹙を買ってしまう恐れがあります。さらに酔っ払った勢いで物を壊すなどのトラブルに発展してしまうと結婚式どころではなくなってしまう可能性もあるので、注意を呼びかけておかなければいけないハプニングと言われています。