参列者の感動を呼ぶ、結婚式の演出最新情報!

大切な思いの詰まった永遠に輝く指輪

結婚式で交換をする結婚指輪!結婚指輪には大切な、そして深い意味がある事は知っていますか?
結婚指輪は、私たち結婚しました。という証として、身につけるペアリングの事です。
切れ目のない輪っかになっていますが、これは「永遠」を表します。
また、左手の薬指につけられますが、これは左手薬指の血管が心である心臓と繋がっているからです。
結婚式で、永遠の愛を誓い、これから新たな永遠に続く2人の人生を、協力しあい乗り越えていく。また、結婚式で誓った気持ちを、永遠に持ち続けるという意味が込められています。
結婚式はまだ2人の長い人生のスタートラインにたったばかりです。これからの人生、山あり谷あり、たくさんの壁にぶつかるでしょう。そんな時、結婚指輪を見てください。きっと、大切な気持ちを思い出し、高い高い壁も2人で乗り越える事ができるでしょう。

感動の演出で初心の気持ちを思いだす?!

結婚指輪には大切な、深い思いがたくさんつまっています。その指輪…実は新郎が新婦を思い、オリジナルで作った世界でたったひとつの結婚指輪だったら、新婦はもちろん参列者の方々も驚きませんか?さらに思いのこもった、結婚指輪になります。
結婚式のひとつの演出として、披露宴がはじまり、どこからかビデオレターが届きます。見てみるとまさかの新郎からのビデオレター。新郎が一生懸命、新婦の事を思い結婚指輪を作っている姿が流れます。きっとその姿に、新婦はもちろん参列者も感動すると思います。そして、参列者の方々も結婚指輪をみて、自分が結婚した時の事を思い出すのではないでしょうか?
長年一緒にいると、結婚指輪を交換した時の気持ちを忘れてしまう事もあると思います。しかしこういった機会に、結婚指輪をみてお互いを思いやる気持ちを大切にするのもいいのではないでしょうか。